本文の開始

りんご品種紹介

更新
2017年1月26日


丹精を込めて

りんごの一つ一つにまで陽の光が行き渡るように、スレンダースピンドル方式(細形紡錘形)が大半を占めております。下記の他に、さんさ、ジャージーマック、やたか、インド、アルプスの乙女、新世界等もございます。

津軽(つがる)

つがる(津軽)


『ゴールデンデリシャス』に『紅玉』の交配から生れた品種。大きさは200〜300g。酸に強みが無く弱い酸が甘味を引立てています。糖度は12〜13.5度。肉質も良く、9月上旬から収穫される多汁な早生品。

hanbaisyuuryou ringogari_ng


千秋(せんしゅう)

千 秋(せんしゅう)


『東光』に『ふじ』の交配から生れた品種。大きさは300g程度。甘味と酸味の調和がとれた濃厚な味がし、多汁で舌触りが良い。10月上旬から収穫。

販売中りんご狩り終了


涼香(りょうか)

涼 香(りょうか)


『ふじ』と『スターキング』の混植園で発見された偶発実生。大きさは350〜400g。果肉は淡黄色で蜜入りが多く、甘酸味もよく食味良好。
9月下旬〜10月上旬から収穫。

hanbaichuhanbaichu





早生ふじ(わせふじ)


早生ふじと呼ばれるリンゴは、ふじの枝変わりなどで生まれた通常のふじよりも収穫時期が早いもので果実の大きさや形、外見はふじとよく似ていますが果肉はジューシーで、シャキシャキした歯ざわりも心地よく甘味酸味共にふじと同じように美味しいリンゴです。りんご狩り終了ringogarisyuryou

涼香(りょうか)

 

 

 

 


涼香(りょうか)

相伝ふじ(そうでんふじ)


ふじの枝変わりとして発見され、選抜育成された最高の『早生ふじ』です。果実は350g位で果形は長円形、果皮は無袋で紅色の着色地に果実全体に濃紅の縞状に一斉に着色する。肉質は緻密で硬く多汁、また蜜入良く甘味多く、酸味も有り食味が大変良い。

販売中りんご狩り終了












エ林(こうりん)

エ 林(こうりん)


果形は円形〜長円形で果皮の着色は良く、果実全体に縞状に明るい紅色に果実の果底部まで着色する。果肉は黄白色で多汁、肉質は緻密で堅く蜜が入る。甘酸適和で食味はすこぶる良い。
大きさは約350g。 10月上・中旬から収穫。販売中

りんご狩り終了


シナノスイート

シナノスイート


長野県果樹試験場で「ふじ」と「つがる」を交配・育成・選抜した品種で、果実の大きさは350g程度。表皮は綺麗に赤く染まり濃赤色の縦じまが入り、果汁が多く、糖度が14〜15%ほどですが酸味が穏やかなため、柔らかい甘みが前面に感じられる味わいです。

販売中りんご狩り終了


紅玉(こうぎょく)

紅 玉(こうぎょく)


米国名:ジョナサン。酸味の利いた甘味に爽かな芳香があり、多汁な口当たり。現在アップルパイ等の加工用に使われることも多いのですが、一昔前の隆盛を極めた『国光』とともに、懐かしむファンも多い。

販売中りんご狩り終了


名月(めいげつ)

名 月(めいげつ)


酸味が弱く果汁が多い。蜜入りもよい爽かな味。
10月中旬〜収穫。

販売中りんご狩り終了


秋映(あきばえ)

秋 映(あきばえ)


『千秋』に『つがる』の交配から生れる。
大きさは300〜350g。果肉は硬めで蜜はほとんどありません。甘味・酸味は普通。渋味は無し。

販売中りんご狩り終了


陽光(ようこう)

陽 光(ようこう)


『ゴールデンデリシャス』の自然交雑実生を育成・選抜。大きさは300〜350g。甘味・酸味のバランスがとれ、多汁で食味良好。10月下旬から収穫。

販売中りんご狩り終了


あいかの香り

あいかの香り


新しい品種で果実は長円形で大きく平均約300gを超えます。果肉は白黄色で、肉質はやや硬く蜜は全体に細かに沢山入ります。甘味は高く酸味は少なく、果汁は多く芳香があり食味は良好。11月中旬〜下旬より収穫。

販売中りんご狩り終了


王林(おうりん)

王 林(おうりん)


『ゴールデンデリシャス』と『印度(花粉)』の実生から選択されたものと言われ、独特な外観と風味を持つ。大きさは300g。肉質は緻密で多汁、酸味は少なく甘さが強いりんごです。11月上旬から収穫。

販売中りんご狩り終了


富士(ふじ)

ふ じ


『国光』に『デリシャス(花粉)』を交配した品種。大きさは300〜400g。色・味・保存性共に抜群の品種。袋をかけず太陽の光を浴びて育ったふじは一番人気。

販売中りんご狩り終了



ページの終了